視野ひろく、視座たかく。 世界一の眺めを手にするために。

2013年新卒入社 武蔵野美術大学でデザインを専攻し、広告クリエイティブのアートディレクターを夢みて、当社に入社。インターネットに掲載するサイトやバナーなどを制作するデザイナーとしてキャリアをスタート。現在は、お客様が抱える課題をデザインの力で解決するために、デザイナーとして活躍の幅を広げている。

指名されるアートディレクターを目指して

モノをつくるのが好きで、就職活動は広告クリエイティブのデザインができるところしか受けていません。この会社を選んだ決め手は、なんと言っても「人」でした。面接の中で出会った人たち(今の上司)は、人としても、クリエイターとしても、尊敬できました。この人たちと仕事がしたい。ここでなら、クリエイターとしてスタートダッシュできそう。ここでなら、どんな困難があっても頑張れそう。そして、そのうち指名で仕事がはいるアートディレクターになりたい。そう思って、迷うことなく入社したんです。でも、入社してしばらくは驚くほど何にもできませんでした。ジタバタしているだけで、なかなか正解にたどりつかず空回りして、どう乗り越えればいいのか課題が山積みの日々でした。

お客様の課題をデザインで
解決せよ

ブレイクスルーは、先輩のピンチヒッターとして手がけた養命酒の大型キャンペーン。元々、高齢の方のファンが多い商品なので、若いファンも増えるようにいかに話題化させられるかが大きなポイントでした。チームで出した答えは、誰でも知っているような人気のアニメを文字ったり流行語を交えながら、冷え症あるあるネタで共感してもらい、冷えに養命酒が効くことを啓蒙していくコンテンツ制作でした。
私の役目は、コンテンツのタイトルロゴ、サイトデザイン、コンテンツに登場するキャラクター、バナー制作などヴィジュアルすべてをデザインしていくこと。今まで経験のない規模の大きなお客様のプロジェクトで、社内外からの期待も大きいものだったため、緊張で眠りが浅い日々が続きました。でも、せっかくいただいたチャンスなので、ここでやらなきゃ、いつやるんだ、という気持ちで踏ん張りました。
そんな緊張の中でも制作は楽しいもので、応募者プレゼント用の腹巻着用写真の撮影では、自分が着用モデルになり、先輩たちがスタイリングや撮影を行いました。その写真を使ったバナーはSNSで超拡散され、全国放送のTVニュース番組にとりあげられるなど、コンテンツの話題化、商品の売上向上などキャンペーンは大成功をおさめました。

困難な道のりを誰よりも楽しむ

高校時代に所属していた陸上競技部では短距離・ハードル走を専門にしていたこともあり、つい目の前のゴールばかり追いがちなところが今の仕事でもあるかなと思っています。しかし、アートディレクターともなれば、全体を俯瞰する能力、先のゴールを見据える力が必要とされます。アートディレクターになるためにも、もっと「ひろい視野、たかい視座」を持てるようになることが今の課題です。 いつかは指名で仕事が来るようなトップクリエイターになりたいと思っていますが、口で言うほど簡単ではなく、その道に近道はないと思っています。たくさん経験して苦労して仕事をやりこむことで、その道は次第に開けていけるのかなと信じています。もしその道のりが困難な道だったとしても、楽しむ自信だけはあります(笑)。どんな困難にぶち当たっても喜びを見出せるのは、誰にも負けない私の才能。これは社内ではナンバーワンだと自負しています。