WEB領域を越えた挑戦でマーケッターの頂点を目指す。

2012年新卒入社 新しい経験を通じて自分を高めたいとの思いで入社。コンサルタントとしてお客様に出向し、WEB広告を用いたプロモーション戦略の全般を手がける。WEBという領域を越えた知見にもアンテナを高め、より高次のマーケッターを目指す。

オンとオフを両立しながら
自己研磨できる場

就職活動開始当初は、IT、広告を中心に活動していたものの、WEB広告に強いこだわりを持ってはいなかったと思います。ただ、就職活動を進めていく中で、自分の中で興味があった広告という業界(好きなこと)、まだまだ自身は人材として未熟であると感じていたIT業界(伸ばしたいこと)を掛け合わせたWEB広告会社に興味が絞られて行きました。そのため、この会社に出会ったのも後半戦の時期。最終的にこの会社に決めたのは、仕事に邁進しながらも、プライベートと仕事を上手に切り分けている先輩が多い点に魅力を感じたからです。

お客様のために
何ができるのか

入社以来、コンサルタント畑を歩んでいますが、ターニングポイントとなったのは、2年目から出向している大手企業さまとの出会い。プロモーションの戦略立案、実行、分析、検証、改善といった業務を担いますが、お客様側にものすごく知見がある。最初は知識やスキルが追いつかず、信頼を得るために必死でした。ようやく自分に及第点を出せたのは、年度も終わりにさしかかった頃。お客様が、私の仕事に対してとても評価をしてくれているという報告を、上長からいただきました。嬉しかった。お客様に価値提供するために全力を尽くす。そこに仕事の醍醐味を感じています。

プロとして時代の先をいく
マーケティングを

マーケティングを究めたい。マーケティングの領域では誰にも負けたくないという気持ちもあるんです。当然、足りないところはまだまだあります。WEBマーケティングの分析方法は理解していますが、ほかの領域に関する知識が足りないことを痛感しています。他領域の購買行動データをいかにWEBプロモーションと連動させていくか。WEBだけでは限界があるからこそ、領域を越えた、プロモーション全般を掌握するマーケッターになりたい。次代のニーズに対し、先んじて仕掛けられるようなプロフェッショナルに。新しいことにも貪欲でありたいですね。