成長にこだわり抜くこの場所で、今日も本気でぶつかろう。

2015年新卒入社 作曲などの創作経験から、モノや作品を広めるWEBサービスに興味を抱き、入社。1年目から新規事業『AkaNe(アカネ)』の営業担当として顧客開拓に奔走。安定よりも成長を求める情熱と、徹底的な顧客起点での提案が信頼を得ている。

人に期待する会社

自社のWEBサービスを所有する会社か。もしくは自分自身の手でプロダクトを開発できる会社か。就職活動のものさしは明確だったと思います。それゆえに、ここも違う、あそこも違うと、自分なりに選別して、なかなかビビッとくる会社と出会えずにいました。でも、この会社は違った。GMOアドパートナーズの選考で自身が考える新規WEBサービスを提案したのですが、僕のアウトプットに対し社員の方が丁寧にフィードバックしてくれたんです。そして、「Your Growth is Our Growth」という成長を軸にしたビジョンにも共感できた。この会社はどこまでも成長にこだわる会社なんだ。一人ひとりに対する期待が、僕を本気にさせました。

悔しさを情熱に変えて

営業を志望して入社をしたので、どんな成長が出来るか楽しみでした。そんな僕が、入社早々大きな挫折を味わうことに。営業研修で最下位だったのです。プライドはボロボロ。配属先では絶対に結果を出す。そう心に決めて任されたのが、自社のアドネットワーク商品である『AkaNe』でした。リリース間もない新製品の販売は、まさに0から1を生み出す仕事。手探りの中、先輩方の成功事例を研究し、アドバイス通りに実践を繰り返しました。一つひとつの学びを自分の力に変えて、部内一の売上を達成。モノや仕組みを売るのではなく、顧客の目線に立って喜んでもらえることを提案する。悔しさに突き動かされ無我夢中で走り続けたら、顧客起点の考え方にも辿り着くことができました。

声を新たなカタチに繋げる仕事

手応えを感じた案件があります。化粧品メーカーさまと『AkaNe』を使ってWEBプロモーションを強化した結果、クライアントの商品が新宿のリアル店舗で売上NO.1を記録した、というもの。結果に満足せず、僕はその店舗へ取材に行き、拾い上げた声を広告コンテンツに展開させました。リアルな声を新しい形、次のアイデアに繋げていく。僕は0から1を生み出す仕事に、やりがいを見出しているのかもしれません。今後は自分自身の手で全く新しいサービスを開発してみたい。そしてその新製品の営業部隊を結成したいと思っています。研修時代の挫折や、『AkaNe』の営業経験で培った学びを、今度は自らの手で次代に繋いでいきたいですね。